mysql> SHOW DATABASES

    -> ;

+——————————+

| Database           |

+——————————+

| information_schema |

| mysql              |

| test               |

+——————————+

3 rows in set (0.04 sec)

mysql> 

mysql> 

mysql> 

mysql> 

mysql> 

mysql> use

ERROR: 

USE must be followed by a database name

mysql> use mysql

Reading table information for completion of table and column names

You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Database changed

mysql> show tabale;

ERROR 1064 (42000): You have an error in your SQL syntax; check the manual that corresponds to your MySQL server version for the right syntax to use near ‘tabale’ at line 1

mysql> show tabales;

ERROR 1064 (42000): You have an error in your SQL syntax; check the manual that corresponds to your MySQL server version for the right syntax to use near ‘tabales’ at line 1

mysql> SHOWTABLES;

ERROR 1064 (42000): You have an error in your SQL syntax; check the manual that corresponds to your MySQL server version for the right syntax to use near ‘SHOWTABLES’ at line 1

mysql> SHOW TABLES;

+—————————————-+

| Tables_in_mysql           |

+—————————————-+

| columns_priv              |

| db                        |

| event                     |

| func                      |

| general_log               |

| help_category             |

| help_keyword              |

| help_relation             |

| help_topic                |

| host                      |

| ndb_binlog_index          |

| plugin                    |

| proc                      |

| procs_priv                |

| servers                   |

| slow_log                  |

| tables_priv               |

| time_zone                 |

| time_zone_leap_second     |

| time_zone_name            |

| time_zone_transition      |

| time_zone_transition_type |

| user                      |

+—————————————-+

23 rows in set (0.00 sec)

mysql> SELECT user,password,host FROM user;

+———+—————————————————————-+————————————-+

| user | password                                  | host                    |

+———+—————————————————————-+————————————-+

| root | *D19B495F9CC4D28C3F9382F5C2B8F5553494A37F | localhost               |

| root |                                           | www10237uf.sakura.ne.jp |

| root |                                           | 127.0.0.1               |

|      |                                           | localhost               |

|      |                                           | www10237uf.sakura.ne.jp |

+———+—————————————————————-+————————————-+

5 rows in set (0.01 sec)

mysql> 

mysql> 

mysql> DELETE FROM user WHERE user = ” OR ( user = ‘root’ AND host != ‘localhost’);

Query OK, 4 rows affected (0.00 sec)

mysql> SHOW user

    -> ;

ERROR 1064 (42000): You have an error in your SQL syntax; check the manual that corresponds to your MySQL server version for the right syntax to use near ‘user’ at line 1

mysql> SELECT user,password,host FROM user;

+———+—————————————————————-+—————-+

| user | password                                  | host      |

+———+—————————————————————-+—————-+

| root | XXXXXXXXXXXXXXXXXXX | localhost |

+———+—————————————————————-+—————-+

1 row in set (0.00 sec)

mysql> 

<2011/09/12 追記>
SSHでアクセスしてるとよく「Write failed: Broken pipe」のエラーが出てセッションが切れるので、
/etc/ssh/sshd_configと/etc/ssh/ssh_configにそれぞれ以下を追記。
・sshd_config ClientAliveInterval 60 ・ssh_config ServerAliveInterval 120 これで解決するかどうかはまだ不明。
CentOS の環境を日本語にする 今回の内容とはあまり関係ないのだが、さくらのVPS の CentOS は初期状態が英語環境なので、これを日本語にしておく。この設定は /etc/sysconfig/i18n に指定されているので、これを vi で開く。 1
$ sudo vi /etc/sysconfig/i18n
すると以下のような内容になっているので、 1
2
LANG=”C”
SYSFONT=”latarcyrheb-sun16”
LANG の内容を以下のように編集する。 1
2
LANG=”ja_JP.UTF-8”
SYSFONT=”latarcyrheb-sun16”
編集が完了したら保存して、再ログインするとメッセージが日本語化される。例えば ls -l を実行したときの内容を比べると、初期状態では、 1
2
3
$ ls -l
total 36
-rw-r—r— 1 root root 33726 9月 15 22:30 httpd.conf
となっているが、日本語化されると以下のように「total」という表記が「合計」に変わる。 1
2
3
$ ls -l
合計 36
-rw-r—r— 1 root root 33726 9月 15 22:30 httpd.conf
日本語版のマニュアルが用意されているコマンドなら、man コマンドによる表示も日本語化されるので便利だと思う。
heart-of-sky
褒めることが出来る人は、細かいミスや不出来にとらわれず、もっと上を見ているように感じます。いわゆる「大局」ですね。大局的な視野をもって物事を捉えているので、チマチマしたことに腹を立てない。しかし、褒めることは具体的に褒めるのですね。意外と詳細な部分を見ているものです。褒められる立場からすれば、大雑把な褒め方をされても嬉しくありません。
 
「最近がんばってるねえ!」「なかなかいいねえ!」
 
何を褒めているのかわからないような褒め方は、たいして見てくれているように感じないのですね。だから、褒められてもあまり嬉しく感じない。
 
「昨日の資料、わかりやすくて良かったよ」「今朝のプレゼンは、前回に比べて格段に明るくてみんなに伝わっていたよ」
 
ああ、見てくれているなあ、という褒め方は嬉しいものです。僕もそうでした。
 
一方で、何かにつけて貶す人は、小局、そんな言葉はありませんが、大局の反対側、という意味です。そういう、チマチマしたところばかり見ている。ちょっとしたミスとか、本質とは関係ない問題を取り上げる。でも、具体的に説明するほどでもないから、結構大雑把な物言いになりがち。そういう人っていますよね。
mitaimon
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/20(火) 01:25:38.08 ID:EJ0aOMGU0
秀吉のキリスト教弾圧は、日本人の女子供が
誘拐されて奴隷として海外で売られていたから


16:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/20(火) 01:32:55.04 ID:4Z83juzD0
»4
そういうのって教科書の下の方にちっちゃく注意書きするだけだよな
もっとあの頃のカトリックのクソさを書いてほしい


54:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/20(火) 01:45:45.42 ID:PTXr6D7B0
»4
へうげもの視聴者乙


60:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/20(火) 01:46:31.15 ID:Xdv1Gw8E0
»54
見てないけど知ってた
割と常識だろ


62:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/20(火) 01:47:29.85 ID:4Z83juzD0
»60
山川の教科書にあるしな
mitaimon
今日新宿歩いてたら「リア充ってなに?」って幼女が小学生高学年ぐらいのお姉ちゃんに質問してた。お姉ちゃんは無表情で「相手に一歩踏み出す勇気を持った人たちのことだよ」って答えてて、なんか土下座したくなった。